多様化する出会いのきっかけ

多様化する出会いのきっかけ

インターネットが普及する以前に見知らぬもの同士が出会う方法といえば見かけたときに直接告白するナンパと言われる方法。

 

お目当ての男女が集まる場所に出かけて、きっかけを作ったり声をかけてもらうのを待つという方法。

 

電話を使ったテレクラなどがあったがパソコンのみならず携帯でもネットが繋がるようになり、さらにスマートフォンの普及で移動しながらのネット環境は進化してきた。

 

これによって、さっきまでは知らない者同士の出会いが実現するという可能性は増大。

 

それに伴う危険も増えてきた事は否定できないが

 

これまでの出会い系サイトという呼び名から出会いアプリという少しオシャレな呼び方をされているせいか特に利用する女性の数が増えている気がする。

 

さて、出会いアプリというからには美醜はともかく出会いが実現するかどうかが肝心なところであるが数多くの出会いアプリの中でも目的の出会いが実現するのは一握りといっても過言ではない。

 

ひと言でいうと『美味しい話を並べ立てているアプリほど出会える可能性は少ない』

 

もちろんアプリ運営業者は利益を追求する団体あるいは個人であるからそれなりのあおり文句を用意するのはあたり前だが

 

誰でもすぐに簡単にという努力も無しで出会えるようなアプリは存在しない。

 

この様な文をウェブ上にさらすからには自分としても相当数の出会いアプリを利用してきた訳だが、興味本位で登録するにせよ、美味すぎる話にはウラがあるということだけを肝に銘じるだけでも騙しや危険は回避できる。

 

会えるのは出会い系だけではない

出会いの媒体として使われるのは何も出会い系サイトだけではない。

 

以前からミクシーやグリーなどが話題になっていたがツイッターやフェイスブックなども出会い系として利用されることが多いようだ。

 

もっとも、何処からがアプリと定義されるのかは調査する気にもならないのが本当のとことだが・・

 

また、話には聴かないがSNSとしての機能を持ち合わせたブログなどでもメッセージを通じて出会いが実現するということは皆無ではないだろう。

 

要するに出会いを実現するために必要なコミュニケーションを図ることさえ出来れば、その媒体の目的や存在意義に関係なく出会いアプリとして利用される可能性があるということになる。

 

アプリではなく勉学の場である学校も、仕事のための会社も、暇つぶしのためのカルチャースクールやお年寄りが健康のために始めるゲートボールでさえも出会いは今日も生まれている。

 

要はきっかけをどうつかむかが全てに共通するテーマであることは間違いない。

 

さらにひとつ付け加えておきたいのは相手にされなかった時の失敗を怖れないことだ

 

失敗から多くの学びがあって初めて出会いマスターへの道が開けるといいたい。

 

出会いが見つからないとか、相手が見つからないという奴らの共通点としては、ひたすら待つだけの「行動しない」

 

パターンと、行動はするが失敗を怖れて回数を重ねないということ。

 

万人が同じ条件ではないからマニュアルなどを疲労しても役には立たないかもしれないが、多くの失敗体験は必ずや成功に導いてくれるだろう。

 


関連ページ

割り切りで出会えるサイトの条件
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
割り切りファーストメールの基本
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
有料サイトでも無料で割り切り神待ちまで漕ぎつける
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
優良サイトでも割り切り円光の前にココは注意!
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
割り切りで人妻や熟女と会いたい
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
熟女が出会い系を利用する理由
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
アダルト出会い掲示板はウソばかり
優良コミュニティなら人妻が存在する理由
人妻との割り切り不倫・浮気・セフレ関係
神待ちや円光の体験画像に騙されるな!
ワクワクデータベース
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
サクラサイトの使い道
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。
女子大生が割り切りを始めるのは夏休み
神待ちや割り切りはサイト選びが大切ですが使い方を間違えていては相手が見つかりません。